×

一人ひとりのeco


オフィスでeco オフィスでeco

オフィスで働く一人ひとりが家庭に帰って続けるエコ活動。

家庭においてもエコ活動は家計の節約につながります。
自らのためにも、そして地球のためにも、できることからやってみましょう。


テレビを観ない時は消す

●1日1時間、テレビを観る時間を減らした場合

液晶(20インチ)の場合
 1年間で6.8kgのCO2を削減できます。
年間で電気15.00kWhの省エネ
約330円の節約
ブラウン管(25インチ)の場合
 1年間で14.4kgのCO2を削減できます。
年間で電気31.86kWhの省エネ
約700円の節約
プラズマ(32インチ)の場合
 1年間で33.8kgのCO2を削減できます。
年間で電気74.57kWhの省エネ
約1,640円の節約

入浴は間隔をあけずに

●2時間放置により4.5℃低下した湯(200L)を追い焚きする場合(1回/日)

 1年間で87.0kgのCO2を削減できます。
年間でガス38.20m3の省エネ
約5,920円の節約
 

シャワーは不必要に流したままにしない

●45℃のお湯を流す時間を1分間短縮した場合

 1年間で29.1kgのCO2を削減できます。
年間でガス12.78m3の省エネ
約1,980円の節約
年間で水道4.38m3の省エネ
約1,000円の節約
合計約2,980円の節約

下ごしらえにどんどん利用

●100gの食材を、1Lの水(27℃程度)に入れ沸騰させ煮る場合と、電子レンジで下ごしらえをした場合(食材の量等により異なります)

根菜(ジャガイモ、里芋)の場合
 1年間で11.6kgのCO2を削減できます。
ガスコンロ:年間で9.48m3(約1,470円)
電子レンジ:年間で22.01kWh(480円)
約990円の節約

ものを詰め込みすぎない

●詰め込んだ場合と、半分にした場合との比較

 1年間で19.9kgのCO2を削減できます。
年間で電気43.84kWhの省エネ
約960円の節約
 

開けている時間を短く

●開けている時間が20秒間の場合と、10秒間の場合との比較

 1年間で2.8kgのCO2を削減できます。
年間で電気6.10kWhの省エネ
約130円の節約

洗濯物はまとめ洗いを

●定格容量(洗濯・脱水容量:6kg)の4割を入れて洗う場合と、8割を入れて洗う場合との比較

 1年間で2.7kgのCO2を削減できます。
年間で電気5.88kWhの省エネ
約130円の節約
年間で水道16.75m3の省エネ
約3,820円の節約
合計約3,950円の節約

点灯時間を短く

●1灯の点灯時間を1日1時間短縮した場合

白熱電球(54W)の場合
 1年間で8.9kgのCO2を削減できます。
年間で電気19.7kWhの省エネ
約430円の節約
 
蛍光ランプ(12W)の場合
 1年間で2.0kgのCO2を削減できます。
年間で電気4.38kWhの省エネ
約100円の節約
 

電球形蛍光ランプに取り替える

●54Wの白熱電球から12Wの電球形蛍光ランプに交換した場合

 1年間で38.1kgのCO2を削減できます。
年間で電気84.00kWhの省エネ
約1,850円の節約

長時間使わない時、電気ポットのプラグを抜く

●ポットに満タンの水を2.2L入れて沸騰させ、1.2Lを使用後、6時間保温した場合と、使用後はプラグを抜いて保温せず、再沸騰させた場合の比較

 1年間で48.7kgのCO2を削減できます。
年間で電気107.45kWhの省エネ
約2,360円の節約

<出典>
財団法人省エネルギーセンター
「家庭の省エネ大事典」

財団法人省エネルギーセンターは、エネルギー消費のあらゆる分野において、省エネルギーに関する正確でわかりやすい情報提供、普及推進、診断指導等を行う機関です。
毎年2月の省エネルギー月間には、省エネルギー・新エネルギーの総合展示会ENEXを開催しています。

財団法人省エネルギーセンター
ホームページへ

オフィスでecoへ

ページトップ