企業力・経営力

マーケティングの基本フレームワークを活用していますか? 4P&4C(マーケティングミックス)を身につけて、楽しく仕事!           

234 view

pixta_27588005_S
商品・サービス開発に良く使われる“4P”をうまく活用できていますか?

新規商品・サービス開発担当の方でなくても、“4P”という言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。
とても基本的なフレームワークですが、頭の整理にとても役立つため、あらゆる資料に登場してきます。
今回の特集では、“4P”フレームワークを上手に使えるように、詳しく説明していきたいと思います。

 

4Pとは?

Business Plan Strategy Goals Target Marketing Concept
新規商品やサービス開発等においてマーケティングを実施する際に
最も重要だと言われているプロセスが「マーケティングミックス」です。
通常マーケティングミックスとは以下の4つを指します。

Product(製品)
Price(価格)
Place(流通)
Promotion(プロモーション)

4つの要素の頭文字を取って、「4P」と呼ばれ、世界中で活用されているフレームワークです。

4Pの歴史を紐解いてみましょう

マーケティング・ミックスの分類はこれまで様々なものが提唱されてきました

その中でも、最も代表的なものが、1960年代初頭に、アメリカの
マーケティング学者、ジェローム・マッカーシーが提唱した、4Pという分類なのです。

4Pを活用する際の注意事項

4Pを活用する際に十分に注意したいのが、4Pと言う分類に頼り過ぎないということです。
4Pは、あくまでも、物事を整理する為の大きなフレームワークです。

個別具体的な議論を展開していくための、きっかけづくりとして活用するのが良いと言えるでしょう

 

 

“4C”をご存知ですか?

Marketing Organization Managrmrnt Strategy Concept
皆さんは、“4C”をご存知ですか?
実は、“4P”と一緒に使われることが多い、とても役に立つフレームワークなのです。
“4P”についてご説明してきましたが、今度は、“4C”について見ていきたいと思います。

4Cとは?
“4P”という 一見万能に見えるフレー ムワー クが世の中に広がると、
今度は、“4P “という視点はあくまでも「売り手」からのものであり、
顧客の視点にたっていないという批判が起こりました。

そこで顧客の視点にたったフレームワークとして”4C”が提唱されたのです。

Customer Value(顧客価値)
Customer Cost(顧客コスト)
Convenience(利便性)
Communication(コミュニケーション)

 

4Cの歴史を紐解いてみましょう

アメリカの広告学者ロバート・ラウターボーンが、売り手視点の”4P”に対して疑問を投げかけ
自ら提唱したフレームワークが、”4C “です。

マーケッターは、ターゲット市場を顧客の視点(≒4C)で見れば、
逆に”4P”の設定が楽にできるというものです。


4Pと4Cを活用する際の注意事項


4Pと4Cとは、「売り手」と「買い手」の視点の違いはありますが、
基本的な考え方は一緒です。下記を参考として下さい。

Product(製品) ⇔           Customer Value(顧客価値)

Price(価格)   ⇔            Customer Cost(顧客コスト)

Place(流通)         ⇔                     Convenience(利便性)

Promotion(プロモーション) ⇔  Communication(コミュニケーション)

 

 

“4P”をもう少し掘り下げて、具体的な視点で見てみましょう。

Marketing Organization Managrmrnt Strategy Concept
“4P”フレームワークを活用するためには、もう少し細かく具体的に見ていく必要があります。
各社の商品・サービスの特性、ターゲット市場・顧客の特性等により、この内容は大きく変わるものですし、
どのような項目を挙げられるかが、マーケッターの腕の見せ所と言えるかもしれません。
ここでは、基本的な項目をご紹介しましょう。

マーケティングミックス

Product(製品)
製品ラインアップ
製品名称
製品キッャチコピー
品質
製品材料・素材等
製品の大きさ・重さ
製品機能
製品デザイン
メインカラー
製品特長
製品ブランド
パッケージ
保証
アフターサービス、、、

Price(価格)
標準価格(定価)
割引価格
卸価格
特別価格
社員割引価格
関係者価格
アロウアンス
支払い期限
信用取引条件

Place(流通)
流通チャネル
流通業者
流通範囲
品揃え
店舗立地
在庫
輸送
インターネット流通チャネル
インターネットキーワード
多店舗在庫管理


Promotion(プロモーション)
販売促進
広告ミックス
セ ールス・フォー ス
PR
ダイレクトマーケティング
インターネットマーケティング
折り込みチラシ
ポスティング
会員ポイント制度
ポイントカード


ここでは、今回の特集でご紹介した、“4P”と“4C”を実際に活用しやすいよう、ワークシートをご紹介します。
こちらのシートを参考に、まずは社内でディスカッションをしてみてはいかがでしょうか?
4p-4cのフレームワークシートのダウンロードはこちらから

オーナー's事務局が提唱した
~前向きなビジネスシーンを実現その知恵が大きな違いを生む~
仕事を楽しくするヒント
◆4P-4Cのフレームワーク活用シートも掲載している
マーケティングの基本フレームワークを活用していますか?
4P&4C(マーケティングミックス)を身につけて、楽しく仕事!

資料ダウンロードはこちらから

社内での情報共有や企画書・提案書の書き方としてもご活用いただければ幸いです。
企業情報
企業名
株式会社オーナー’s
事業内容
設立
URL

ページトップ