ビジネストレンド

【連載第2回】実は少しずつ進んでいた電力自由化。2016年の電力自由化は何が違うの?           

1,712 view

電力自由化_イメージ画像
第1回目では、これまでの電力会社の地域独占体制が2016年4月に終わり、様々な会社が自由に一般家庭にも電力を販売できるようになるとお話しました。
これが今一般に電力自由化と呼ばれているものです。
ですが、実はこれまでにも電力自由化は進められていました。
例えば大規模施設等に対する電力の販売はこれまでも自由に行うことが出来たのです。
今回は2016年4月の電力自由化はこれまでと何が違うのか、なぜ今回一般家庭への電力販売を解禁したのか、紐解いていこうと思います。

2016年からの電力自由化=「電力小売完全自由化」

実はこれまでも電力自由化は少しずつ進められていました。
実際にスーパーなどの施設は既に好きな電力会社から電力を購入することができています。
それでは、これまでの電力自由化と2016年4月から始まる電力自由化は何が違うのでしょうか?
前回も申し上げた通り、2016年4月からは日本中の誰もが電力を購入する会社を自分で決めることが出来ます。
この電力自由化を、正確には「電力小売完全自由化」と呼びます。

段階的に進められてきた電力自由化

「電力小売り完全自由化」の意味をしっかり理解するためにも、今回はこれまでの電力自由化の経緯を簡単に見てみましょう。
最初の自由化が開始されたのは1995年です。
これは、「発電・送電・配電・売電のうち、発電だけは認可を受ければ誰でもやっていいですよ」というものです。
つまり、電気を送ったり売ったりするのはまだダメだけど、電気をつくるところまでは認可を受ければ誰でもやっていいですよ、ということになったのです。
次に実施されたのが、2000年の売電(小売事業)の自由化です。
申請をして認可を受けた小売電気事業者と呼ばれる会社は、自由に電気を売っていいですよ、というものです。
とはいえ、すべての消費者に電気を売ってもいいというわけではありませんでした。
この時点では一定の規模以上の電力消費者、つまり大企業の大規模施設や工場などにしか電気を売ることが出来なかったのです。
その後の2004年~2005年には、もう少し規模の小さな事業者、例えば中小規模のスーパーや工場にも電気を売ってもいいですよ、と少しずつルールを緩めてきました。
分かりやすく説明すると、それまでお米を作ることが出来るのは10社しかなかったのが、「これからは誰でもお米を作っていいですよ、自分たちで食べてもいいですよ」ということになったのが1995年。
次に、「作ったお米を一部の人になら売ってもいいですよ」ということになったのが2000年。
そして「全員とはいかないまでも、もっとたくさんの人に売ってもいいですよ」ということになったのが2004年~2005年ということです。

自由化は進んでも、社会はあまり変化しなかったこれまでの20年

このように、2000年から大規模に電気を使う会社は、自由に電力会社を選べることになりました。
ところが、当時実際に電力会社の切り替えを行った会社は、対象となる会社のうちの3%ほどしかなく、ほとんどの会社はそのまま従来の電力会社を使い続けていました。
従来の電力会社との付き合いや品質などを考えると、あえて既存の電力会社から見ず知らずの新しい電力会社に鞍替えしようというところは少なかったのです。
つまり、この20年間、一応自由化は進んできたけれど、業界全体、社会全体にあまり変化が起こらない、という状態が続いてきたのです。

2016年4月の自由化が転機に?

そして2016年4月には「誰にでも電気を売ってもいいですよ」という「電気小売『完全』自由化」が始まります。
大企業とは違い、一般家庭は会社間の付き合いのようなしがらみがありませんから、今回こそは社会的に大きなインパクトが生まれるのではないかと期待されているのです。
企業情報
企業名
RAUL株式会社
事業内容
  • エネルギー自由化推進事業
  • 環境経営・CSR活動支援事業
  • グリーンコンシュマー支援事業
  • ソーシャルビジネス支援事業
設立
2005年3月
URL
http://www.ra-ul.com
ライター紹介

RAUL株式会社 江田健二の紹介画像

江田健二

慶應義塾大学経済学部卒業 アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア株式会社)に入社。 エネルギー/化学産業本部(リソースグループ)に所属し、電力会社のCRMプロジェクト、大手化学メーカーのSCMプロジェクト等に参画。 アクセンチュアで経験したITコンサルティング、エネルギー業界の知識を活かし、2005年にRAUL株式会社を設立。   著書 『かんたん解説!! 1時間でわかる 電力自由化 入門』

その他のコラム

ページトップ