特集

【食品メーカー編】省エネ補助金活用の成功事例 導入前後を比較           

1,540 view

syokuhin
設備の更新や省エネ対策を検討する際、誰しもが利用を検討する補助金。しかし「申請の方法がわからない」、「手間に見合うのか分からない」、「申請したが ダメだった」…など、補助事業に対する理解不足からうまく利用できない事業者は非常に多い。うまく利用できた企業は、補助事業をどう利用したのか。平成26年度エ ネルギー使用合理化等事業者支援補助金事業(以下、エネ合補助金事業)を利用した株式会社共栄商会の代表取締役 金原氏に話を聞いた。

発端は経営の危機さえ感じる電気料金の値上げ

株式会社共栄商会 代表取締役 金原氏
「補助金の情報はお付き合いのある業者から聞き初めて知りました」と語る


年々電気使用量の負担が大きくなり、多くの企業が経費の圧迫に悩まされ始めていた2011年、追い討ちを掛ける様に東日本大震災後の電気料金値上げが発生した。

「菜乃屋ブランド」のわさび漬・漬物製造販売事業で静岡県磐田市に工場を構える株式会社共栄商会様も、その影響を受けた企業のひ とつ。同社では、夏場は漬物などの冷凍冷蔵食品を扱っているため電気使用量が大きく、売上が伸び悩んでいる時期に電気料金だけが上がると、経営の危機さえ感じたという。

同社代表取締役の金原氏は、「これではとてもやっていけない」と考え、電気使用量を手動で管理するデマンド監視装置を導入。アラートが出る度に設備のスイッチを切る、空調や照明をこまめに消すなど、マニュアルでの節電対策を実施したものの、効果は高騰する電気料金を上回る程は得られなかった。

同社の空調・冷凍機は全て20年近く経っており、照明も蛍光灯のまま。これら全てを省エネタイプ設備へ更新すれば、さらなる電力 コスト削減の可能性はあるものの、当然試算する方法も分からなかった。全設備を導入した場合の初期費用が相当な額になることは明白で、とりあえず冷凍機から順に更新しようと考えていた。

そんなとき、付き合いのある業者へ相談したところ、金原氏は設備投資時に活用できる補助金の情報を聞いた。補助金で初期費用を抑えられるなら、コスト削減後のランニングコストを上手く計算すれば、元が取れるかもしれない。

銀行もお手上げの「省エネ効果の計算」

各書類を見ても、エネルギーのことは全く分からない素人ではお手上げだ


ところがこの「エネ合補助金事業」は、これまでに経験した雇用関係の助成金や銀行が対応してくれる融資制度とは少しワケが違った。省エネ効果の計算が必要、書き方も導入計画も求められる。その上、期限内に全ての書類を作り上げなければならない。

銀行でも申請はできるが省エネ効果などの細かな計算は出来ないと言われ、金原氏は「とても採択を狙えるものじゃ無い」と尻込みしていた。しかしそんなとき、知人から、省エネ対策と補助金申請のコンサルティングを行っているリミックスポイントのコンサルティングサービスを紹介された。

同社の場合、冷凍冷蔵機に加え、LED照明・空調設備・EMS(エネルギー・マネジメント・システム)を導入し省エネ効果を最大化した。設備の導入にはリース方式を採用し、初期費用は最小化。見事採択されてからも、実際に補助金が交付されるまで手厚くサポートいただいた。

省エネ化は企業の生き残り戦略でもある



金原氏は、経営的には厳しい状況は続いているものの、人口減少にともなう経済活動の縮小が予測されるこの時代において、会社をどう上手く継続していくかが大切だと語った。必要なことの1つは、単純かもしれないが「無駄な経費をとことん削減していく」ということ。

同社はメーカーであるため、新商品開発などの挑戦は変わらず誇りを持って行う一方、経費削減の努力はこれからも求められる。現時点においても、まだまだ削減の余地があり、放置すれば絶え間なく増え続ける「経費」だからこそ、見逃さず将来へ繋げたいと金原氏は締めくくった。


>> 無料の省エネ診断実施中!省エネに関するご相談はこちら

※この記事は、株式会社リミックスポイントの提供する省エネ補助金活用の成功事例となります。
企業情報
企業名
株式会社リミックスポイント
事業内容
  • エネルギー管理システムの開発及び販売
  • 省エネ支援コンサルティング及び省エネ関連設備の販売
  • 電力の売買
  • 中古車査定システムの開発及び販売
  • 中古車の売買に関するコンサルティング
  • 中古車の売買
設立
2004年3月
URL
http://www.remixpoint.co.jp/

ページトップ